設計を行うには様々なものが必要になります

設計事務所のボーナス事情|相場や時期

設計事務所のボーナス事情|相場や時期 設計事務所で働きたい場合、就職する企業により年収にかなりの差が出ます。
アトリエ系の設計事務所によっては、年収が平均よりも低く、お給料のみの場合もあります。
大手の場合は高いお給料を期待することができます。
設計事務所の平均的なお給料は42万円となり、年収が400万でボーナスは70万円程度と考えておくとよいかもしれません。
結婚して子供を持つ場合40代になると教育費もかかりますが、40代では年収が700万でボーナスが120万と考えておくと参考になります。
将来どのように生活したいかイメージした上で就職について考えておくとよいかもしれません。
建築士の資格を取得することができると国家資格を有することになるため、年収もアップします。
建築士の生涯賃金は相場が2億円以上と、平均賃金より1億円多く推測されています。
より豊かな生活がしたい方は、建築士の資格の取得することを考えしっかりと学んでおくとよいかもしれません。

設計事務所におけるボーナスの時期について

設計事務所におけるボーナスの時期について 設計事務所で働いている人たちは専門的な能力を持っているので給料も高そうですが、本当のところはそんなにもらっているわけではなさそうです。
設計事務所といってもピンからきりまであると思いますが、基本的には普通のサラリーマンと同じように年2回になります。
サラリーマンであれば会社の業績にしたがって、一人あたり約3~4か月分の給料がボーナスとして支給されます。
支給される時期は夏と冬で半分ずつになるのが普通です。
設計事務所もだいたい同じですが、人件費の占める割合が通常よりもかなり高いため、その部分が事務所の利益を圧迫して、給料が減ってしまったり、ボーナスが少なかったり、なかったりすることもあります。
このような現状を考えると、設計事務所がビジネスモデルとして本当に成立しているのかどうか疑問を持ってしまいます。
勤めている社員のためにも、もう一度ビジネスモデルを再確認して必要な是正措置をとり改善するべきでしょう。